アドバンスオートモービルHOME > 車輌一覧 > FIAT 500(チンクエチェント) ツインエア ラウンジ

車輌在庫一覧

詳細情報 CAR DETAILS

FIAT 500(チンクエチェント) ツインエア ラウンジ

基本情報
価格 SOLD OUT売約済
年式 平成24年(12年)
モデル年式 12年式
走行距離 68,900km
ホワイト
車検 令和元年(19年)05月
ドア 2D
駆動方式 FF
車輌寸法 全長: 3,540mm
全幅: 1,620mm
全高: 1,510mm
車輌重量 1,040kg
排気量 870cc
修復歴 なし
印刷用ページ

この車をシェアする

メイン画像
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
装備・仕様
  • エアバッグ
  • パワーステアリング
  • パワーウィンドウ
  • ABS
  • ワンオーナー
  • アルミホイール
  • サンルーフ
  • CD
  • ナビ
  • TV
  • キーレス
  • 取り扱い説明書
  • 保証書
  • 記録簿
  • ETC
  • AT
  • 右
  • ガソリン
  • レザー
  • ハッチバッグ
  • オートエアコン
  • ディーラー
その他装備・仕様

・ワンオーナー
・SDナビ/地デジ
・Rカメラ
・オートエアコン
・サンルーフ
・純正15AW

コメント

クラシカルな外観が特徴のFIATコンパクトカーであるフィアット500。1.2L 直列4気筒SOHC8バルブ(最高出力69馬力)と、1.4LDOHC16バルブ(最高出力100馬力)の2ユニットの「ポップ」「ラウンジ」専用デザイン「1.4スポーツ」の計3タイプと、限定車では「AZZURRA(アッズーラ)」「BICOLORE(ビコローレ)」「ARANCIA(アランチャ)」の3タイプを設定。今回新たに、「ツインエア ポップ」「ツインエア ラウンジ」を追加した。ツインエアは、FPT(フィアット パワートレイン テクノロジーズ)が開発したインタークーラー付ターボ2気筒マルチエア8バルブエンジン。排気量875ccをインタークーラー付きターボチャージャーで過給する、いわゆるダウンサイジングエンジン。小型化、軽量化、高効率化を目指して直列2気筒レイアウトを採用しているのが最大の特徴。これにより、同出力の4気筒エンジンよりも23%短く、10%軽くなり、またCO2排出量を30%削減。また、動弁機構には同社独自の「マルチエア」を採用。マルチエアはバルブ駆動にカムではなく油圧を使うことで、バルブリフトとバルブタイミングを無段階可変とし、出力やトルクとともに、環境性能も向上させている。ダッシュボードのECOスイッチをONにするとにより、最高出力を85馬力から77馬力へ抑制し、燃費を向上させる事が可能。さらに、アイドリングストップ機構「スタート&ストップシステム」を標準で装備。トランスミッションはATモード付き5速シーケンシャルMT「デュアロジック」のみ。これらにより10・15モード燃費は「ツインエア ポップ」で21.8km/L、「ツインエア ラウンジ」で21.2km/Lを達成。ツインエアのラウンジのみ、バイキセノンヘッドライトが標準装備となる。全モデル右ハンドルのみの設定。

LINEでお問い合わせ