アドバンスオートモービルHOME > 車輌一覧 > GLC350e 4マチッククーペ スポーツ

車輌在庫一覧

詳細情報 CAR DETAILS

GLC350e 4マチッククーペ スポーツ

基本情報
価格 598.0万円
年式 平成29年(17年)
モデル年式 17年式
走行距離 19,200km
オブシディアンブラック
車検 平成32年(20年)04月
ドア 5D
駆動方式 4WD
車輌寸法 全長: -mm
全幅: -mm
全高: -mm
車輌重量 -kg
排気量 2,000cc
修復歴 なし
印刷用ページ

この車をシェアする

メイン画像
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
装備・仕様
  • エアバッグ
  • パワーステアリング
  • パワーウィンドウ
  • ABS
  • アルミホイール
  • サンルーフ
  • CD
  • ナビ
  • TV
  • キーレス
  • 取り扱い説明書
  • 保証書
  • 記録簿
  • オートクルーズ
  • ETC
  • 4WD
  • AT
  • 左
  • ガソリン
  • レザー
  • SUV
  • オートエアコン
  • ディーラー
その他装備・仕様

・レーダーセーフティPKG
・HDDナビ/地デジ
・360度カメラ
・ヘッドアップディスプレイ
・サンルーフ
・ブラックレザー
・メモリー付きパワーシート
・シートヒーター
・ブルメスターサウンド
・LEDインテリジェントライトシステム
・AMG用リアスポイラー
・キーレスゴー
・オートテールゲート
・フットトランクオープナー
・ETC
・純正20AW

コメント

メルセデスのベストセラーモデルCクラスの先進性を踏襲した新世代SUV「GLC」。ラインアップは、「GLC250 4マチックスポーツ」、「GLC250 4マチックスポーツ(本革仕様)」、メルセデス初の4マチックプラグインハイブリッドモデル「GLC350e 4マチックスポーツ」を設定。今回、最高出力184馬力/135kW、最大トルク300N・mを発揮する2L 直列4気筒BlueDIRECTターボエンジン搭載の2輪駆動モデル「GLC200」、「GLC200 スポーツ」、最高出力170馬力/125kW、最大トルク400N・mを発揮する2.1L 直列4気筒BlueTECクリーンディーゼルエンジン搭載の「GLC220d 4マチック」、「GLC220d 4マチック スポーツ」、「GLC220d 4マチック スポーツ(本革仕様)」を設定。「GLC350e 4マチックスポーツ」には、7速オートマティックトランスミッション、その他は、メルセデス最新の9速オートマティックトランスミッション「9G-トロニック(TRONIC)」を組み合わせる。「GLC220d 4マチック スポーツ」には、路上から目を離すことなく運転に必要な情報が確認できるヘッドアップディスプレイと後席シートヒーターを装備。「GLC220d 4マチック スポーツ(本革仕様)」には、本革シート、パノラミックスライディングルーフ、エアコンディショナーに、空気清浄機能と心地よい芳香を拡散するパフュームアトマイザー機能を備えるエアバランスパッケージ等を備えた。「GLC250 4マチックスポーツ」、「GLC250 4マチックスポーツ(本革仕様)」には、走行状況に合わせて乗り心地をお好みのセッティングに変えられるAIR BODY CONTROLサスペンション、インテリアの高級感を演出するブラックアッシュウッドトリム、路上から目を離すことなく運転に必要な情報が確認できるヘッドアップディスプレイを標準装備。「GLC350e 4マチックスポーツ」には、路上から目を離すことなく運転に必要な情報が確認できるヘッドアップディスプレイを標準装備。さらに、クーペとしてのスタイリッシュなフォルムとSUVらしい存在感を備えながら、GLCと同等の走行性能、利便性を実現したメルセデスのプレミアムミドルサイズSUVクーペを追加設定。SUVクーペのラインアップは、2輪駆動モデル「GLC200 クーペ」、「GLC200 クーペスポーツ」、クリーンディーゼルモデル「GLC220d 4マチック クーペスポーツ」、「GLC220d 4マチック クーペスポーツ(本革仕様)」、走行状況に合わせて乗り心地をお好みのセッティングに変えられるAIR BODY CONTROLサスペンションを採用した4気筒ガソリンエンジンモデル「GLC250 4マチック クーペスポーツ(本革仕様)」、プラグインハイブリッドモデル「GLC350e 4マチック クーペスポーツ」を用意。サイドビューは、メルセデスならではのプロポーションを際立たせるドロッピングラインがフロントホイールから始まり、ボディ下部を緩やかに上昇するカウンターラインとあいまって、シャープな印象を与える。また、高い位置を走るベルトラインが3本目のサイドラインとなり、サイドウインドウの高さを視覚的に低く見せ、リアウインドウの非連続のトリムストリップは高級感を醸し出し、Cピラーを強調するデザインとした。「GLC350e 4マチックスポーツ」、「GLC350e 4マチック クーペスポーツ」は左ハンドル、その他は右ハンドルのみの設定。

LINEでお問い合わせ