アドバンスオートモービルHOME > 車輌一覧 > A3スポーツバック 1.4TFSI

車輌在庫一覧

詳細情報 CAR DETAILS

A3スポーツバック 1.4TFSI

基本情報
価格 308.0万円
年式 平成29年(17年)
モデル年式 17年式
走行距離 5,000km
タンゴレッド
車検 平成32年(20年)03月
ドア 5D
駆動方式 FF
車輌寸法 全長: 432mm
全幅: 178mm
全高: 146mm
車輌重量 1,320kg
排気量 1,400cc
修復歴 なし
印刷用ページ

この車をシェアする

メイン画像
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
装備・仕様
  • エアバッグ
  • パワーステアリング
  • パワーウィンドウ
  • ABS
  • ワンオーナー
  • アルミホイール
  • CD
  • ナビ
  • TV
  • キーレス
  • 取り扱い説明書
  • 保証書
  • 記録簿
  • ETC
  • ETC
  • AT
  • 右
  • ガソリン
  • ファブリック
  • ハッチバッグ
  • オートエアコン
  • ディーラー
その他装備・仕様

・ディーラー車
・ワンオーナー
・タンゴレッド¥70.000
・ナビゲーションPKG¥350.000
・バーチャルコクピット¥70.000
・LEDヘッドライト¥160.000
・コンビニエンスPKG¥280.000
(デラックスオートマチックエアコンディショナー/アドバンストキー/アウディパーキングシステム/リアビューカメラ)
・ETC

コメント

世界的なプレミアムコンパクトクラスに位置する、アウディ「A3 スポーツバック(Sportback)」。ラインアップは、エントリーモデルである「スポーツバック1.4TFSI」を設定。今回、「スポーツバック1.4TFSIスポーツ」は、直列4気筒 1.4L 直噴TFSI ICターボを搭載した7速Sトロニックに前輪駆動を組み合わせ、「スポーツバック2.0TFSIクワトロ」と「スポーツバック2.0TFSIクワトロ スポーツ」には、「Bサイクル」と呼ばれるアウディ独自の燃焼方式を採用した新しい2.0TFSIエンジンが搭載し、クワトロフルタイム四輪駆動システムを組み合わせる。「Bサイクル」とは、バルブタイミングの設定により低~中負荷領域で吸気工程を短縮する、いわゆる「ミラーサイクル」の原理を取り入れ、燃料消費を減らしている。その一方で、高負荷運転時ではバルブタイミングを一般的なものに戻し、2L排気量とターボチャージャーによる過給をフルに活かし、大きなパワーを発揮させる。圧縮比を11.6と、過給エンジンとしては異例に高く設定したことも高効率に貢献しており、結果として140kW(190馬力/320Nmの出力/トルクと、JC08モードで16.0km/L(前モデル比8%向上)という良好な燃費を両立させた。大きめの排気量を逆に利用し、効率とパワーの融合を図るこの技術コンセプトをアウディは「ライトサイジング」と呼び、クワトロモデルに搭載する。エクステリアは従来のモデルからシングルフレームグリル、バンパー、ヘッドライト、リヤディフューザーなどのデザインが変更され、スポーティな印象がより鮮明になった。フロントバンパーは、左右のエアインテークの部分を中心により立体的な造形となり、その上方のヘッドライトにもよりシャープな輪郭となる。装備では、レーダーセンサーにより前方の交通状況を常時監視し、緊急時には自動ブレーキを発動するなどして事故の危険を減らすシステム「アウディプレセンス フロント」を標準搭載。さらに、アダブティブクルーズコントロールも全車標準装備。全車右ハンドルのみの設定。